エコキュート故障 ページ準備中

ヒートポンプの内部写真

ヒートポンプからの水漏れの原因は水冷媒熱交換器部分からの水漏れによるものです。毎日熱交換器内を水が行き来していますので、管の腐食・浸食が起こります、一度漏水しますと段々と漏水量が増えていきます。ヒートポンプの修理は高額になり、同時にタンク部品も交換時期に来ていますのでエコキュートの入れ替えを検討してみてください。

※エコキュートがお湯を沸かすときに出てくる水は結露水(空気中の水分が結露したもの)で故障ではありません。

よく壊れる部品です

エコキュートの内部には多くの部品を使用しています。一度修理してもまたすぐ壊れる原因は、部品の経年劣化が同時に起こり1つ直してもまた次の部品が壊れるのを繰り返すからです。

タンク本体はステンレス製ですので腐食もせず水漏れもほとんど起こりません、15年前のタンクでも新品同様ピカピカの場合がよくあります。

エコキュートの故障で最も多い水漏れ

エコキュートは毎日運転をしています、使用開始から7~10年程経つと、内部部品が消耗し、水漏れする可能性が高まりますOリングパッキンなどのゴム製品は経年劣化し、破損しやすくなりますので、部品を交換して水漏れを改善する必要があります。

10年以上お使いのエコキュートが水漏れした場合は、エコキュート自体の交換を検討してみてください。

水道代・電気代が急に上がった場合はエコキュートの漏水・逃し弁の故障を疑ってください。頻繁に起こるブレーカー落ちも同様です。

スリム型エコキュートの内部写真 2缶構造になってます。